So-net無料ブログ作成
検索選択

2014有馬記念G1枠順 ~枠の有利・不利データ~ [中央競馬G1]

スポンサーリンク




今日は有馬記念G1の枠順発表があり、以下の通りに決定しました。
写真:2012有馬記念優勝馬/ゴールドシップ
オーナーズホース04/第4弾/S/☆☆☆☆/ゴールドシップ(有馬記念)

これに基づいて、過去データから枠の有利・不利について考察してみたいと思います。

<2014第59回有馬記念G1 枠順>
中山競馬場・第10R 芝2500m
1枠01 トーセンラー(牡6才・武豊)
1枠02 ヴィルシーナ(牝5才・内田)
2枠03 ワンアンドオンリー(牡3才・横山典)
2枠04 ジェンティルドンナ(牝5才・戸崎)
3枠05 ラキシス(牝4才・C.デムーロ)
3枠06 トゥザワールド(牡3才・W.ビュイック
4枠07 ラストインパクト(牡4才・菱田)
4枠08 メイショウマンボ(牝4才・武幸)
5枠09 ウインバリアシオン(牡6才・藤岡)
5枠10 フェノーメノ(牡5才・田辺)
6枠11 サトノノブレス(牡4才・池添)
6枠12 デニムアンドルビー(牝4才・浜中)
7枠13 エピファネイア(牡4才・川田)
7枠14 ゴールドシップ(牡5才・岩田)
8枠15 ジャスタウェイ(牡5才・福永)
8枠16 オーシャンブルー(牡6才・蛯名)

予想オッズの段階で上位人気となったジャスタウェイ、ゴールドシップ、エピファネイアの3頭がみんな外枠になりましたね。
しかも並んで入っています。
果たしてこの枠は、この馬番はどうなのでしょうか。

過去10年のデータを調べると・・・

◆連対率の高い有利な枠は・・・
1枠・3枠・4枠・5枠
逆に不利な枠は6枠・7枠でした。
この10年でともに1頭ずつしか連対していません。

◆複勝率の高い有利な馬番は・・・
6番・9番・1番・7番・14番
逆に不利な馬番は8番・15番・16番でした。
この10年で一度も複勝圏内に入っていません。

以上のデータを踏まえると
いい枠に入った馬は
1枠01 トーセンラー
1枠02 ヴィルシーナ
3枠05 ラキシス
3枠06 トゥザワールド
4枠07 ラストインパクト
5枠09 ウインバリアシオン
5枠10 フェノーメノ
あと馬番で7枠14番(昨年3着だった時と同じ馬番!)のゴールドシップといったところでしょうか。

ジャスタウェイは8枠15番。
ちょっと外になってしまいましたね。

なお有馬記念G1の馬券は、明日26日の金曜日から一部ウインズで前々日発売されます。
また金曜日・最終オッズがわかり次第に更新予定です。




スポンサーリンク



nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。