So-net無料ブログ作成
検索選択

ジェンティルドンナ乗替りでジャパンカップG1へ [競走馬]

先日の天皇賞秋・G1で期待されながら、2着に惜敗したジェンティルドンナですが
どうやら騎手が乗替りになるようです。

岩田騎手 ⇒ ライアン・ムーア騎手(英国)に乗替りとなります。
ムーア騎手と言えば、近年ではスノーフェアリーでエリザベス女王杯G1・連覇がありますね。

ジェンティルドンナは、岩田騎手(写真)とのコンビでここまで一番多く
G1を勝ってきていますが、ここで乗替りとは・・・
ちょっとびっくりですね。
オーナーズホース/OWNERS HORSE【岩田康誠】OH01-J002

ジェンティルドンナ・サイドとしては、ジャパンカップG1が今年のラスト
(有馬記念は不出走)と予定しているだけに、ここでも勝てないとなると
2013年は未勝利のまま終ることになります。

今年のジャパンカップのメンバーとなると
キズナ …×
オルフェーヴル …× 有馬記念1戦で引退
ゴールドシップ …○
エピファネイア …○

有力どころはこんな感じでしょうか。
ゴールドシップ、エピファネイア、ジェンティルドンナと比較すると
東京競馬場への適性はジェンティルドンナが一番高いような気もします。
昨年も勝っている訳ですから。

ちなみにジャパンカップG1ですが、連覇した馬はいません。
ブエナビスタが2010年に1着で入線しましたが、2着降着。
2011年には今度は見事に勝ちきり1着。
ということで連覇のハードルはなかなか高いです。

対戦する相手もオルフェーヴルこそいませんが、ゴールドシップには
宝塚記念G1で負けています。
またエピファネイアは3才ですから、ジャパンカップG1では
斤量が有利になります。こちらは神戸新聞杯G2、菊花賞G1と連勝していますし
春とはちょっと馬が違ってきているようで勢いと恐さがあります。

こうなってくると、メンバー的に手薄だった天皇賞秋・G1を勝てなかったのは残念でしたね。

ムーア騎手とジェンティルドンナのジャパンカップG1での活躍に期待したいです。


nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。